FC2ブログ
プロフィール

mary

Author:mary
東京都新宿区。北海道出身。山が好きでよく登りに行く。ときどきあこがれの遠くの山に行って、感動して東京に帰って来る。自然の景色を眺めて、写真を撮って、アートにもつなげたら面白そうと考えている。いつになっても、何歳になっても、やりたいことにいつも動き続けていたい。

カウンター

ランキング

FC2 Blog Ranking

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

2013/2/2-3 死ぬかと思った!冬の安達太良山

2013.09.23 23:58|mountains2013
山行記録の更新、ひさしぶりとなりました!!

♪~( ̄ε ̄;)笑

時は今年の2月へ遡りますw



雪山シーズン。
去年から本格的に雪山デビューをして、さて今年はどこへ?
というわけで、東北の安達太良山へ!


麓にはスキー場があって、ゴンドラを使えば山頂へのアクセスは楽。
しかし・・・私たちが訪れたこの日は強風の悪天候。


安達太良山は「強風の安達太良」と言われる、
強風が吹くことで有名。


それを間の辺りにする今回の山行は、
タイトルにある「死ぬかと思った!」その通りで、
私が今まで体験した山登りの中で、
強風は怖い!と一番身の危険を感じた山行でした。




◇2月2日(1日目)◇

今回のメンバーは、Tちゃん(男)、Uちゃん(女)、私の3人。

早朝Tちゃんと東京から新幹線で福島県の郡山まで行き、
そこでUちゃんと合流。
あだたら高原スキー場までバスで向かう。


数日前から天気予報は見ているが、天候は怪しい感じ。
とりあえず行ってみるというわけで、、、



mt.adatara
10:00あだたら高原スキー場へ到着!悪天候!!

この時点で強風!!寒い!!
とりあえずロッジに。

まず作戦会議。単刀直入に・・・今日は登るのか!?(笑)
でも誰も止めようとは言わなかった。


当初の計画はゴンドラを使って山頂へ行き、くろがね小屋へ下って一泊。
2日目に麓まで下る予定だった。

でも、乗ろうと思っていたゴンドラは強風のため休止。
それなら登山口からくろがね小屋へ行き一泊。
翌日に山頂へ登り、麓まで一気に下る、その計画に変更した。



mt.adatara
11:15ロッジ出発。
スキー場の脇を通り、コースを辿ると分岐が。
冬の間は遊歩道はなく雪道一本だけ。




mt.adatara
緩やかに登っていきます。




mt.adatara
12:30勢至平手前まで来た。
「今日はここまで。」とTちゃん。

今までの樹林帯ではコースを外すことはなかったんだけど、
広いところに出るため風が吹きさらし。
ホワイトアウトを起こしかけていた。

無理はできないと、ここまで登ってきたけどやむなく退散。
残念だけど来た道を戻ることになった(ノ_<。)



mt.adatara
下山途中、コースを外れたあんなところにテントがw




mt.adatara
買ったばかりのワカンを履いてみた!




mt.adatara
14:00ロッジに到着。
塩ラーメン・カレー付きの昼ごはん。


落ち着いたところで、今晩の宿探し。
岳温泉が近くにあるので、そこの宿を予約。
スキー場まで送迎をお願いした。

ちなみにくろがね小屋に連絡したら、この悪天候なのに何人か到着したらしいw




mt.adatara
旅館について、やっと一息。くろがね饅頭。




mt.adatara
ひなまつりでTちゃんが2人のために持ってきてくれてた!
ザックに入ってたから崩れちゃったけど全然OK☆
ありがと~(〃^∇^)ノ♪



◇2月3日(2日目)◇

昨日よりも天候は回復。
でも、強風には変わりなくゴンドラは休止。
今日1日で山頂まで登ることに。


mt.adatara
9:30スキー場を出発。




mt.adatara
昨日通った道をまた登る。





mt.adatara
日の光が見える!昨日よりは天気がいい!




mt.adatara
途中雪上訓練をしている団体さんがいた。





mt.adatara
昨日退散した場所。今日はちゃんと視界がある。



mt.adatara
トラバースは風が強いため、結構緊張感があった。




mt.adatara





mt.adatara
小屋が見えた!




mt.adatara
小屋で休みたい!w




mt.adatara
11:30くろがね小屋到着。




mt.adatara
小屋の中は吹き抜けでかっこいい。




mt.adatara
売店。ホットコーヒー頼んだ。
ここで昼食。



mt.adatara
小屋から上は稜線に近いため、ここからはピッケルとアイゼンを使う。


ちなみに前情報で安達太良山は難易度は低い山となっているため、
装備は軽アイゼンで行けるとなっている。
なので今回私はピッケルを持ってきていなかった。

でも実際来るとそんなことはない。
強風だとピッケルは必要だと思った。
というわけで、ストックで行くというUちゃんにピッケルを借りた。



mt.adatara
12:30小屋出発。

雪山装備でいざ!!
・・・と余裕でいられるのはここまでだった。。。


先発の男性2人組「あまりに強風のため今日はやめます」と撤退。




mt.adatara
峰の辻という分岐までのトラバース。




mt.adatara
世界は真っ白。わかるように一定間隔で目印の棒が差してある。
あのピークまで棒が続いている。
峰の辻はあのピークか。

と思ったけど、違う。

方向を修正。
でもこの方向も合っているのかわからない。

この間も強風は吹き続けている。



mt.adatara
13:20やっとの思いで峰の辻へ到着。


ここから山頂まであと30分というところ。
この道標があっても、夏山とは違って道がないため方向がわからない。
最初山頂かな?と思う方向があるけど、どうも違う。
でも他に方向がない。

そう思って遠目で見ると、山頂への目印の棒が見つかった。
きっとこの方向だ!


mt.adatara
最初山頂かと思った方は「矢筈ヶ森直下分岐」の方で、
分岐の後稜線伝いに山頂に行く方向だった。
でも、もしこっちに進んでいたら、稜線は強風過ぎて歩けなかったでしょう。



ここでTちゃんがこの悪天候と時間を考えて、
「ここで引き返そう。」と言った。
Uちゃんもこの判断に従おうと思っているとわかった。


でも私はまだ行ける気がして、
「行けるところまで行きたい。」と言った。


山頂までもう少しの状況で、
「ここまできたのに」という思いが過ってしまった。


これはタブーなんだ。
これが「今回の一番の反省点」となる。


Tちゃんは少し考え、
「じゃあ14時までに山頂に着かなかったら、そこで引き返すよ。
行くならすぐに出発しないと。」
と、すぐに山頂の方向へ態勢を向けた。




mt.adatara
今まで歩いてきた道よりも確実に風が強まっている。
時々突風が吹いて、踏ん張らないと身体を持っていかれそうになる。



mt.adatara
こんな状況でも日が当たると雪山の綺麗さにカメラを向けてしまう。




mt.adatara
稜線に出た。山頂が見える!!




mt.adatara
14:00安達太良山山頂に立つ!!




mt.adatara
とんでもない突風が吹き荒れる。山頂には雪が積もらない。




mt.adatara
雲のスピードが速く、時々青空を見せたり、




mt.adatara
周りの山々を一瞬見せたりした。




mt.adatara
極寒にはエビのしっぽ




mt.adatara
山頂に居たのは3分ほど。

ピッケルを指して踏ん張っていても、
突風で思いっきり前のめりに倒された。
打った膝がめっちゃ痛い!(青タン&流血)



mt.adatara
突風に倒されないように慎重に下山。
後ろから吹く風に、下山の方が危なかった。



mt.adatara
さっき通った道なのに真っ白で道も消えそうになって、
正しい道なのか不安になる。




mt.adatara
峰の辻も通り過ぎ、かなり降りてきた。




mt.adatara
最後に振り返る。
この状況で無事に帰してくれた山にも感謝しないと。




mt.adatara
小屋が見えた!




mt.adatara
14:45小屋の前に到着!!
ここまで気を張り過ぎて、気が抜けてしまったところw




mt.adatara
小屋で休みたいけど、帰りのバスもあるためそのまま下山を続ける。




mt.adatara
勢至平に来てやっと景色を見れる余裕が。。。




mt.adatara
スノーシューを着けて歩いた方が早いのかも?って着けてるところ。



mt.adatara
スキー場のロッジが見えた!





mt.adatara
16:20ロッジ到着!!無事帰って来れたー!(;∀;)


この後いそいそと帰る準備をして、郡山行きのバスに乗った。



mt.adatara
かんぱーい!!おつかれさま!!

東京行きの新幹線までの間、夜ごはんに焼肉に行った。
Tちゃんのおごり☆


そして大反省会となる。

というか、降りてきた時からバスの中でもずっとUちゃんと反省会してた。

どこで引き返すのが妥当だったのか。
峰の辻で行くべきだったのか止めるべきだったのか。
3人居たけど、判断基準って何だったのか。


無事に帰って来れたけど、良かったとはいえない気持ちだった。
帰って来れたのは運が良かっただけで、
もしかしたら悪い結果になっていたかもしれない。

その隙を作ってしまった今回の山行に、
こういう危ない橋を渡るようなことは、これからはしてはいけないと強く思った。



強いて良しとするなら、
「痛い目見たけど、これからの登山のために身をもって学習できた。」ところかな。



「山を舐めたらいけない」と改めて思いました。





1日目
11:15あだたら高原スキー場-12:30勢至平手前(登山断念)-14:00あだたら高原スキー場

2日目
9:30あだたら高原スキー場-11:30くろがね小屋-昼食-12:30小屋出発-
13:20峰の辻-14:00山頂-14:45くろがね小屋-16:20あだたら高原スキー場
スポンサーサイト



テーマ:登山
ジャンル:スポーツ

お誕生日でした☆

2013.06.08 20:45|日記




誕生日お祝いしてもらいました(*^▽^*)

やっぱり毎回嬉しい☆


今日の誕生日になる前に、
この一年はどんな感じだった?と自問自答してみました。


仕事は大変だったけどかなり勉強になった。
山の仲間みんなといろんな山に行った。
やりたいこと好きなことも思ったようにできた。


楽しい、嬉しい、悲しい、悔しい、
挑戦、成功、失敗、、
全部ひっくるめて充実してた。


昨日までに感謝!
今日からの一年も、充実していこうと決意を新たにしました!


歳をとって不安になるどころか、
楽しみになってるところ、
またいい感じに充実できそうです!


バースデーメッセージくれたみなさん、ありがとうございました(*^o^*)

またいい歳にしていきます!
よろしくね!(^_^)/

おひさしぶりです。

2013.05.11 18:55|日記
本当におひさしぶりです。
2ヶ月間更新も無いまま、放置ってほんとすいません(ノД`)


その間、山に行かなくなったというわけではなく、
山には普通に行っていたし、
普段の生活もきちんと過ごしていました。


ブログ見にきてくれてる方がいるなと、
更新できないで申し訳ないと思いつつ、
自分の身辺のことでいっぱいになっていました。


あ、心配するようなことは一切ないので、
ご安心を(笑)


さて、まだ載せきれていない山行ですが、
撮ってきた写真絶景でステキだし!
ちょっと危ない経験して勉強になったし!
みたいな内容なので、思い入れが強いため、
必ず載せたいと思ってます。


というか、ちゃんと〆切でも決めてやらなきゃだめだよねw(^-^;
ブログ作ってる人ならわかると思うけど、
なかなか作業がたいへんで~(笑)



話は変わりますが、明日は「母の日」

去年は何もしてあげられなかった。
今年はちゃんと何かしてあげようと思って、
母は海外旅行が好きだから、
機能性バッチリのショルダーバックを、
北海道の実家に送った。


それが今日届いて、さっそく母から電話がきて、
「うれしいありがとう、使わせてもらうわ。」
「近いうちに帰ります、っていつ帰ってくるの?

メッセージカードに書いたこと。
PS(とは書いてないけど)みたいに、最後に書いたんだよね。


私が今年仕事が忙しくなるから、
いつ帰れるかわからないと前から話してたんだけど、
きっと寂しい思いをさせてるだろうなと、
帰れることを伝えたら喜ぶかなって。
店先でさらっと書いちゃった。

・・・でもいつ帰れるかわからないけどー!!(笑)
いや、帰れるように努力しますよw


大事な人にちゃんと表現したいと思ったんだよね。
いくら想ってても、想ってるだけじゃ伝わらないからね。
そういうの、自分は下手くそだなってわかってるし、
思ったタイミングでやらないと、ほんとできないからw


人を喜ばせることするのって、
気持ちいいね。しあわせだね。(´ー`)

2013/2/10北横岳~縞枯山☆

2013.03.07 23:09|mountains2013
ひさしぶりのブログ更新(´∀`;)
最近仕事が忙しくて、毎日を一生懸命に乗り切っていますw


さて、ひさびさの更新は、
先月行ってきた北八ヶ岳です!

今年初の登山で、北横岳と縞枯山に行ってきました☆


今回は女子3人のまったりスノーハイクです。
ロープウェイでほとんどの高度を稼ぎます!w


計画していた当初は、縞枯山荘に1泊するという予定だったのが、
ちょうど3連休だったため、山荘は満員になっちゃってました(>_<)

お隣の北横岳ヒュッテも調べたんだけど、埋まっていた。


というわけで、1泊2日から日帰りに変えて、
レンタカーを借りて、東京を前夜出発して向かうことに。

ドライバーは私と友達もう1人。
雪道はどさんこの私が担当で!w


夜暗いうちにロープウェイの駐車場に到着。
(実は暗くて全然違う駐車場に止まってたww)
それから3時間(も!w)仮眠を取って、空が明るくなってきたところで、
車の外に出て写真を撮り始めた。


本日の天気は晴れ!!
ラッキー☆(´▽`*)☆☆☆




mt.kitayoko,mt.shimagare
朝焼けでピンクに。あぁキレイ。。。



mt.kitayoko,mt.shimagare
ロープウェイの始発便から並んで、結構ギュウギュウw
景色は・・・人??笑



mt.kitayoko,mt.shimagare
ロープウェイの駅を出ると、山だね!ここは!!



mt.kitayoko,mt.shimagare
2240mにいるキツツキです。気になる存在です。
「ひもを引くとキツツキがお礼します」壊れて動かないw

9:00まずは北横岳に向かって出発♪


mt.kitayoko,mt.shimagare
5人が人形みたいでかわいい☆



mt.kitayoko,mt.shimagare
南アルプスと中央アルプス



mt.kitayoko,mt.shimagare
雪の表面の波模様



mt.kitayoko,mt.shimagare
雪の登山道はワクワクする



mt.kitayoko,mt.shimagare
北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳



mt.kitayoko,mt.shimagare
10:15北横岳山頂に到着!!
雲が切れたところで蓼科山と撮ることに成功!!



mt.kitayoko,mt.shimagare
森が真っ白できれい



mt.kitayoko,mt.shimagare
浅間山も見えた☆



mt.kitayoko,mt.shimagare
あっという間に山頂は人でワラワラw



mt.kitayoko,mt.shimagare
5分もいるとやっぱり寒くなる!ここは真冬の2500m!(ノ_<。)
一旦スタート地点のロープウェイ山頂駅に戻ります。



mt.kitayoko,mt.shimagare
寒いけど、この樹氷が良いよね!樹氷好き!!



mt.kitayoko,mt.shimagare
今日はほぼ満員の北横岳ヒュッテ



mt.kitayoko,mt.shimagare
天狗がいる。天狗岳には居なかった。。w



mt.kitayoko,mt.shimagare
アイスモンスターとは言わないけど、それっぽいw



mt.kitayoko,mt.shimagare
見晴のいい場所で。天気が良くなってる☆



mt.kitayoko,mt.shimagare
11:30山頂駅のキツツキと再会。
外でランチにする予定だったけど、ロープウェイの売店で、、



mt.kitayoko,mt.shimagare
カップヌードルと肉まん!!!
温かい食べ物ありがたい(*^。^*)



mt.kitayoko,mt.shimagare
友達がバレンタインにくれた「ちょこどら」
もちもちしてて、おいしかった(*´ω`*)



mt.kitayoko,mt.shimagare
12:25結構休んだし、次は縞枯山へ!
朝よりもゲレンデのスキーヤー、ボーダーが増えてる。
私も滑りたい。。。w



mt.kitayoko,mt.shimagare
雪がキラキラしてる。まぶしい!!



mt.kitayoko,mt.shimagare
わたし(・∀・)



mt.kitayoko,mt.shimagare




mt.kitayoko,mt.shimagare
開けたところに出て、、、



mt.kitayoko,mt.shimagare
12:40縞枯山荘に到着。
いい雰囲気の山荘らしい。泊まって見たかった~(ノд・。)
ここはあまり時間もないので、写真撮ってすぐに出発。



mt.kitayoko,mt.shimagare
縞枯山へは結構がんばる登り



mt.kitayoko,mt.shimagare
稜線に出て、南八ヶ岳!!赤岳発見!!



mt.kitayoko,mt.shimagare
さすがに風が強い!エビのしっぽ!



mt.kitayoko,mt.shimagare
「ここは縞枯・・・」よ、読めない。。
どうやら山頂みたい!低さに合わせて、寝そべって記念撮影もするw








mt.kitayoko,mt.shimagare
稜線からのパノラマ








mt.kitayoko,mt.shimagare
樹氷と青空、たまりません(´ε`*)



mt.kitayoko,mt.shimagare
登山道の横をヒップソリで滑る!下山は一瞬!
はしゃいでたら、登っていた団体さんたちに笑われたww



mt.kitayoko,mt.shimagare




mt.kitayoko,mt.shimagare
かなり降りてきました~



mt.kitayoko,mt.shimagare
というわけで14:20、キツツキとまたまた再会☆
今日無事に戻ってきた感謝で、なでなでww



mt.kitayoko,mt.shimagare
ロープウェイで下りながら、最後に冬の北八ヶ岳の景色を目に焼き付けました。


ロープウェイにある食堂が、すごくおいしそうなメニューだったから、
もし機会があったら食べてみたいと思った!


帰りは近くにある温泉に寄って、SAで明太ほうとう鍋食べて、
さすがに最後の方は眠かったけど、渋滞の高速をがんばって運転した!


車の中で、女子トークできて楽しかったw☆


なんとなくどこか行きたいなという時に、
気軽に行ける雪山だなと思った。

2500m近く標高があるから、ときどき寒さを感じるけど、
コースも簡単で雪山初めての人にはおすすめ☆

スノーシューのツアーをよく見かけたけど、
スノーシューとか必要ないかな。(むしろ重いと思う)


ロープウェイでスキーかスノボ持って行って、
デポして帰りに滑って下りるっていうのもいいかも!


今年初の雪山は、いいお天気に恵まれて、
今年も晴れ女になれるだろうか!
ちょっと期待です☆(〃^∇^)ノ♪

テーマ:登山
ジャンル:スポーツ

祝☆10000カウント

2013.02.03 23:36|日記
遊びにきてくれる方、いつもありがとうございます(*^▽^*)


このブログも1年半くらいになり、
やっと10000カウント。
ペースとしてはかなりカメさんですねーw


もともと山の記録をつけるために始めて、
今もその通り、内容のほとんどを山の写真でしめています。


始めはスナップ写真を載せてるだけだったのが、
意外にも!ありがたいことに写真のウケが良くw、
山に行くとがんばって撮るようになっていました。


褒めると伸びるw
自分の特技は自分じゃわからないものですね~(´ー`)


ときどき自分でも読み返してるこのブログ、
ほんとに私の山のアルバムになっています。
作っておいて良かった、と今思うんだから、
これから何年後かに見る時には、
ほんとに思い出の詰まったアルバムになっていることでしょう。


今後もマイペース、、カメ?(笑)は変わりませんが、
これからもブログよろしくお願いします(^_^)/☆